有限会社 原田封筒

ナビゲーション

封筒へのこだわり

原田封筒は創業から60年以上、封筒一筋でやってきた信頼とプライドがあります。
一枚一枚の封筒の品質はもちろんのこと、製造現場では梱包するダンボールやラベルの貼り方まで、細かいところに神経を使うよう、日々従業員に指導しております。
そのような封筒づくりをとおして、お客様の気持ちが「封筒」という製品に反映できるよう、時には精度にこだわり、時にはコストにこだわり、多様化するご要望に対応しております。

不良品撲滅への取り組み

検知器

封筒や紙製品業界に限らず、メーカーに対し品質の高精度が求められる時代です。

原田封筒では創業時より、不良品を撲滅させる取り組みを重要視した仕事を心掛けています。

製品化した品物のデータ化、それぞれの機械への不良検知センサー等、様々な不良品への対応が出来るように日々研鑽、品質の向上と改善に努めております。